【レーシックガイド】乱視の悩みはレーシックで解決

近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。

 



【レーシックガイド】乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:21年04月27日

シェイプアップとは、
直訳すると「食べる事療法、制限食、減食」で、
摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えた
食べる事制限によって体重を減らすことを指す言葉です。

「摂取エネルギー」とは、
食べる事などで肉体の中に吸収したエネルギーのことで、
「消費エネルギー」とは、
体操などによって消費されたり、
生命を維持するのに必要な基礎代謝に関わるエネルギーのことです。

この摂取エネルギーと消費エネルギーの差が、
体脂肪の増減と深く関係するため、
この2つのエネルギーのバランスをうまくとることが、
シェイプアップをする上で重要なんですね。

ここで注意しなければならないのは、
「体重を落とす=シェイプアップではない」ということです。

筋肉や骨の量を減らさずに、余分な体脂肪を減らすことこそが、
本当のシェイプアップなのです。

そのような健康的なシェイプアップをするためには、
摂取エネルギーを減らす食べる事制限をするのではなく、
低カロリーで栄養バランスのとれた食べる事を心がけることと、
ウォーキングやエクササイズといった軽い体操を
日常的に続けることがポイントになります。

最も危険なのは、
「とにかく見た目が痩せればいい」という願望から、
過激なシェイプアップをすることです。

たとえ摂取カロリーを極端に抑えて
一時的に体重を落とすことができても、
その状態を維持することはできませんし、
何よりも健康に害を及ぼすことにもなりかねないので、
「シェイプアップとは、体脂肪を正常な数値に戻すこと」ということを、
忘れないようにしましょう。