【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第


【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第
レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。





【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:21年04月05日

子どもがどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
肉体内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

子どもは脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
食べる事において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
子どものおやつにおかしを与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

おかしを食べる子どもほど
近視になっていることが多いが、
これはおかしのために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

子どもが喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
肉体内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手の子どもは元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
肉体内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

子どもの目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
肉体にストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

子どもに飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
子どもの腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になる子どもの多くは、
ママがあれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。
【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

【レーシックガイド】乱視の悩みはレーシックで解決
【レーシックガイド】レーシック選びに口コミサイトを活用
【レーシックガイド】なんと交通費を貰えるクリニックもある
【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシック
【レーシックガイド】レーシックにおけるリスクを理解しよう
【レーシックガイド】レーシックの紹介制度を有効活用
【レーシックガイド】老眼治療もレーシックにお任せください
【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある
【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第
【レーシックガイド】レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力が驚き回復するレーシックガイド