視力が驚き回復するレーシックガイド

視力が驚き回復するレーシックガイド

当サイト《視力が驚き回復するレーシックガイド》のお役立ちサイドメニューをまずはご確認ください。
様々なレーシックについての情報を詳細にお届けしています。元々レーシックはアメリカで誕生した手術であり、アメリカでは当たり前のようにレーシックが行われているのです。
もちろんここ最近は日本でのレーシックも注目されてきており、多くの人が喜びと感動を感じているのです。

 

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。「メガネもコンタクトも面倒臭い!なんとかして視力を回復することは出来ないだろうか?」
そんな悩みを抱えている人にレーシックは大変オススメで、裸眼で生活をすることが出来るようになるのです。

 



視力が驚き回復するレーシックガイドブログ:21年02月28日
朝!って感じの朝ですー

ぼくたちにとって理想的な呼吸は
「赤ちゃんの呼吸」だといわれています。

赤ちゃんをよく見ていると、
ウエストを上下に波打つように動かし、
ゆったりと深い「腹式呼吸」をしていることがわかります。

日本人って
元来、腹式呼吸をしていたと考えられているんですよね。

田畑を耕したり、重い御輿を担いだりといった動きは、
ウエストの底まで息を吸い、
ぐっと止めて吐くという呼吸でなければこなせません。

また、武道や舞などの腰がすわった姿勢も、
腹式呼吸ならではのものといわれます。

ところが、
ぼくたち現代人は
日々胸の上部だけ使った浅い呼吸(胸式呼吸)をしがちな上、
ストレスなどによって呼吸がさらに浅くなりやすいことから、
慢性的な酸素不足が指摘されています。

その酸素不足を解消してくれるのが腹式呼吸なんです。

横隔膜を下に押し下げることで胸郭を広げ、
日々あまり使われていない
肺の下部にまで空気を送り込みます。

酸素が肉体の隅々にまで行き渡るので血行がよくなり、
筋肉の緊張がほぐれて気分が落ち着きます。

また、
横隔膜が動くことで腹部の内臓が刺激され、
活発に働くようにもなります。

ぼくたちの一日の呼吸回数はおよそ20,000〜25,000回。
80歳まで生きると、
6億〜7億回という気が遠くなるほどの呼吸を
繰り返していることになります。

この1回ごとの呼吸を「赤ちゃんの呼吸」、
すなわち腹式呼吸にできれば、
知らず知らずのうちに肉体の機能も活発になりそうですね!

ただし、無理は禁物。
息苦しさやめまいを感じるほどではなく、
やっていて心地よい範囲で試してみましょう。

ウエストいっぱいに酸素を取り込んで、
健康的な日々を送りましょう!

・・・と、書いてみるテスト

 
視力が驚き回復するレーシックガイド モバイルはこちら